子供達の夢のケーキ作り

こんにちは、子供達の夢のケーキを作るケーキデコレーターのまなです。
今日は私がなぜ子供達の夢を叶えるケーキを作りたいと思ったのかをお話しします。

今まで自分が頑張ったと思う事は何ですか?と聞かれ思い浮かんだのは、
22才で結婚してその7年後に離婚を決意した事でした。

当時の私は小さい頃から過保護に育てられずーっと親の言われたとうりにして来ました。親の敷いてくれた安全なレールの上を歩いてきた訳です。

何を決めるのにもまず相談して、自分がやりたい事があっても親がそれは大変だよ~、体がボロボロになるからやめた方がいいよっと言われると、臆病になり本当にやりたかった事をあきらめて来ました。

IMG_0047

でも7年目の離婚の時ばかりは、誰にも私がどうしたら幸せになるか自分しか分からないと思い、誰にも相談せず何ヶ月も真剣に自分と向き合って決心しました。

29才でやっと一人歩きできた感じでした。この時、親の敷いてくれたレールから外れた時に初めて自分は自由になれて、本当に自分のしたい事をする大切さを思い出しました。もっと自分がクリエーティブになれるのだと感じました。

これからは親や周りの意見に頼らずに自分で幸せになるために自分で選んだ道を行こうと決意しました。

失敗してもいい、遠回りでもいい、ゆっくり自分の道を歩き始めて幸せを掴みたいと思いました。

やって失敗するのと、やらないで後悔することはやらないで後悔することの方が悲しい事だと気付きました。

IMG_0057

いつからか自分にしか出来ない事があるのではないかと思い始め自分探しが始まりました。

自分の使命は何なのか?

何をする為に生まれて来たのか?

Maki Shinkaiさんのオーラソウマを習ったり、マーシャン祥子さんのフードセラピーをやってみたりしてる中、少しづつ自分の本当にしたい事が見えて来ました。自分が得意な事は子供達のバースデーケーキを作ることでした。

セレブレーションケーキをビジネスとしてこれからやりたいっと漠然と思ったけどどこからスタートして良いのか分からない、、、

そんなある日, Akemi Itabashiさんの動画セミナーに参加しました。そこで自己紹介の時に将来ケーキを作って販売したいっと言ったら、『今すぐやりましょう!』って言われました。

えっ今すぐ!

いつも頭で考えてるだけで行動に出せてなかったんです。初めての一歩はなかなか踏み出せない物ですよね〜。

その後、明美さんは個人的に相談して下さいっとメッセージを頂いて、色々なアドバイスを頂いて去年のクリスマスに趣味でケーキを販売する事になりました。
この時背中を押されなかったら私は今もまだ動けてなかったと思います。

明美さんさんはケーキの告知もして下さり、その告知の朝、私はHiroko Ozawa Brimoさんのお料理レッスンに参加していました。

ひろこさんは『クリスマスケーキの告知見ました』っと言ってくれてレッスンの後, そこに来ていた生徒さん達にケーキ欲しい方はまなさんにお願いできるよっと宣伝して下さいました。

告知したその日にその場でオーダーが4つも入りました。

本当にあの時の嬉しさは忘れる事が出来ません。

  1. IMG_0059

その後、Sachiko Marchandさんの企業したいママのためのライフワークコーチングを受ける事になりました。
私の一番のネックは家庭と仕事の両立でしたし、自分の家庭が幸せでなければ企業する意味がないと思ったから。

それをバランスよくやっていたのがこのさちこさんだったので、彼女しかいないでしょ!っと思っちゃいました。

そしてさちこさんとセッションをしてくうちに、私しか出来ない所を見つけ出してもらいました。

自分の事ってあまり見えてない事が一杯あって、祥子さんがその鍵を見つけてくれたのです。

この私の一番頑張った経験で得た事は親が作った安全なレールから外れた時に自分の道は自分で決めて行ける。

自分が自分らしく輝くためには自分で選択して行く事なのです。

だからそれを子供達にも伝えて行こうと。

そんな経験を生かして『世界に一つだけの親のフィルターを通さないで子供が自分で決めた夢のケーキを作りたい』もし子供達がママのフィルターを通さずに自分が描いた夢のケーキが実現したなら、どんなに嬉しいだろうか、そんな経験は大人になってもずーっと残るはず。

自分の夢は叶うものと信じてそれが自信となって辛い時も心の支えになるのだと信じています。

そう言った訳で子供達の夢を叶えるお手伝いをしようって事になりました。

もちろん子供じゃなくても大人の夢のケーキも作ります。(笑)今からワクワクドキドキです💓
っという事で、明日この子供達の夢のケーキの嬉しいお知らせがあります。詳しくはまた明日。長い事読んで頂いてありがとうございました。

image

最後に私を引っ張って、色々と支えて下さった皆様に心からありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s